2016/02/07 15:30:07 |

お酒を覚える20代前半。
若さに任せて飲み続ける20代後半。
愚痴を言いながら飲む機会が増える30代前半。
そんなお酒遍歴を経た独身アラフォー女性たち。
大人になった彼女たちのお酒の飲み方のなんと美しいことでしょう。
歳を重ね、経験を重ねた彼女たちならではのお酒の楽しみ方あるようです。

 

まず、彼女たちは自らを貶めるような醜態を晒すことを固く禁じています。
例えば、飲み過ぎて次の日のスキンコンディションに影響を及ぼすことはありません。
また、年下の飲み仲間よりも先に帰る場合には、少し多めの支払額をさりげなく預けます。
「○○さんて、年甲斐もなく若い子に付き合うよね」
「あの歳で割り勘て、あり得る!?」
彼女たちが席を立った後に、こんな会話が交わされることだけはあってはならないのです。
その為の節度ある行動を忘れずに飲むお酒ですから、誰からも歓迎されるわけですね。

 

そして、彼女たちの年代になると自分の口に合うものを承知しています。
ワインが高ければいいというものではないことも。
とりあえずのビールよりも、純粋に美味しさを堪能できる冷酒のほうが癒しをもたらしてくれるということも。
そんな潔い飲み方は思わず惚れ惚れしてしまうほど。
たくさん飲むことで満足感を得ていた時期を卒業し、アルコールと程よい付き合いができる女性。
これぞ独身アラフォー女性ならではですね。

 

でも、時にはお酒に身を委ねて我を忘れたいこともあるのです。
お酒を隠れ蓑にして、泣くほどに辛いことを乗り越える。
その術を心得ているのも、独身アラフォー女性ならではの嗜みです。

2016/01/13 17:32:13 |

独身アラフォー女性で日常を穏やかに過ごすことはできます。
仕事先で結婚や彼氏のことでつらい思いをすることもあると思います。
しかし主婦でも、周りからいろいろ言われます。
噂される内容が違うだけなのです。
なので気にしないことが一番です。
人と比べるのをやめることが穏やかに過ごすコツになります。
親戚の集まりでも結婚の話題が出ますね。
このときに結婚、子育てがすべてという親世代の方に、逆らってはいけません。
ここは上手な対応が必要で、結婚子育てはとてもいいことだと調子を合わせておきます。
彼女たちもつらいことがいっぱいあります。
それをしっかり聞いてあげて共感してあげると喜びます。
自分の味方になってくれたと感じた親世代の女性は今度は「今は無理して結婚することはないかも」とまったく違うことを言い出します。
信じられないかもしれませんが、アラフォー独身女性が自分の味方になってくれると思ったら、独身でもいいと思い始めるのです。
これは親も同じで、最初は結婚してほしいと思っていても、何かで子供が役立つことがわかるとお嫁に行かないでほしいと思い始めます。
これから結婚するかしないかは、誰にもわかりません。
しかしもしも独身だったときのためにいろいろと情報は必要です。

これから住む家や仕事のこと、介護施設まで調べている女性がいました。
お金はあるほうがいいですが、お金だけではなく情報も大事です。
本もたくさん出版されています。1度読んでおくと先輩のやり方が参考になります。

2016/01/02 18:25:02 |

女子高生の頃ならば、暇つぶしの手段は大体みんな一緒だ。映画を見たり、ショッピングをしたり、友だちとお茶としたり。が、それから20年余り、女性もアラフォー世代となると、余暇の過ごし方は人それぞれ多種多様だ。重ねて、独身を貫いている女性ほど、余暇の過ごし方にも独自の色彩を帯びてくる。例えば、友人に一人はいる「意識高い系」女子。彼女たちは、資格取得に走り、現在芸能人にも人気のヨガインストラクターを目指す。インストラクターというぐらいだから、実技だけではなく理論なども学ばなければならないようで、分厚い本を手にフーフー言いながら資格勉強に挑んでいる姿をたまに見かけたものである。そして、もう一つ多く生息するのは、「ネイチャー系」女子だ。彼女らの休日は山登りの予定でビッシリ。日帰り登山だけではなく、山小屋に泊まり、山の上で煮炊きもなんのその。そして、山だけではなく、「海」系もいる。彼女らは東京近辺の離島に出かけていき、サンプロテクトで完全武装し、シュノーケルをしたり、イルカと泳いだしして、大自然とたわむれるのである。これらの趣味の過ごし方は、ある程度お金が無ければ出来ないことで、20代の独身女子には手が届かない。
さてさて、「意識高い系」にしても「ネイチャー系」にしても、行き着くところは分からないが、人生は「死ぬまでの暇つぶし」だという言葉もあり、それならば、なかなか良い暇つぶしだと言えるのではないだろうか。

2015/12/30 15:48:30 |

独身アラフォー女性の特徴は30代になっていてもまだ結婚していない女性などのことだとおもいますが仕事なども成功しており金銭的余裕はあるほうだと思います。
まったく恋愛してきていない人は少なくいつかは結婚と思っている人も多いです、性格に問題がある人も少なからずいますし自分の自由を優先するあまり他人に合わせようとしない独身アラフォー女性もいます。
でも年齢が上がるにつれ結婚を呆れ目ている女性も増えているのも現実です、ドラマにもなっていましたアラフォーちゃんという番組だったと思います。
きれいで魅力ある女性ですがまだ結婚していないし金銭的のも余裕がありなぜ結婚していないのか疑問に思うような女性も多いです。
性格などや考え方に問題がないのでしたらやはり運がないのかもしれません、異性運がよくないなどよく聞くことですね。
計画性などもしっかりしていますね、貯金などもしっかりしており家やマンションなども持っていることもあり人間味も優れている人も多くですが若いころに結婚を意識して積極的に活動していなかったことも原因があるのではないかと思いますね。
現在は、晩婚化になりつつあるので男性も積極的に動いていませんね、しかしもし出会いがあるとしてらやはり逃がさないようにしておくべきですね、高望みしていつかはと思っているとそのいつかが逃げていくのではないでしょうか。
キャリアウーマンになって仕事を頑張りすぎるのもいいですが少しはプレイベートを充実させるのもいいかと思いますね。

2015/12/29 17:37:29 |

独身のアラフォー女性と言ってもそれぞれだと思います。
望んで独身の人と、気が付いたら独身だった人と。
自分は中間くらいかなと思います。
相手がいる時は将来を夢見ますし、いない時はずっとひとりでもいいと思います。
その時の状況にによって気持ちが変わります。
タイミングもあるとは思うのですが、結局結婚には至らず、ここまでくるときっと未来に結婚することもないと思います。

 

日常生活において、独身アラフォー女性は自由と孤独が隣り合わせです。
自由というのは独身の最大のメリットだと思います。
職場で、既婚者が子供の学校の行事とか、親戚の冠婚葬祭などの話をしていると、「面倒くさそう、独身でよかった」と思います。
反面、そういう話を独身の自分にしてくる既婚女性って「結婚している自分はいろいろ大変だけど人生の勝者なのよ」という気持ちがあるのかな?なんてちょっと卑屈に考えたりします。
心のどこかで、自分は結婚できなかった。ほとんどの人が経験する結婚を一度でもしなかったことは人として半人前だし、人生の敗者なんだろうなと思っているわけです。
強がり言っているわけでなく、結婚したかったなと思うことは今はほとんどないです。
ただ、自分がどうやって死ぬのか、死後は誰に後片付けしてもらえがいいのかと思うことが多々あります。これが独身の最大のデメリットです。
孤独死などのニュースを見ると人事ではないと思います。
何度かの転職を繰り返し、貯金もまったくありませんから老人ホームなどの施設へ入ることもできません。
いっそのこと、あまり長生きしたくないと思うこともありますが、死ぬことは怖いです。

 

知り合いに独身を満喫している人はたくさんいます。
趣味に没頭する人もいますし、年齢に関係なく、恋愛をしている人もいます。
人生を謳歌しているなと思いますが、そういう人も自分のように寂しいと思うことがあるのかもしれません。

 

独身の友人が集まるとよく働けなくなった時にどうするかという話になります。
年を取ったらシェアハウスを借りてみんなで住もうなんて言う友人がいます。
それぞれ、得意分野で仕事を分担して暮らせば、死ぬときもひとりではないし、経済的にも安定します。
こんな独身女性が増えているから少子化が問題になっているのでしょう。
ただ、もう、自分たちは子供は産むことはできません。
自分の現在の健康状態(自分の家族の健康状態も大事です)、そして自分が生きている間、日本が平和であることを願っているといるわけです。
独身って気軽って思われているかもしれないんですけど、常に死ぬことを考えたりしてあまり気軽ではないんですよね、悲しいことに。